Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

大学対抗テニス王座→甲子園

at Kyoto -学生テニスヲタク-

「慣れ」の怖さについて 【月間1000pv達成!!】

皆さんは「慣れ」って怖いと感じたことはありますか?

 

まずは、大学の授業で習った「慣れ」についての面白い知識を紹介したいと思います。

 

 

 

人間が「変化」にしか反応できない!!

私は大学の授業で脳神経科学という授業を受講していたのですが

その際に一番面白いと思った内容がこれです。

 

 

 

人間は変化にしか反応できないんです。

 

 

これってどういう意味か分かりますか??

具体例を挙げて説明していこうと思います。

 

 

例えば夜遅くに電車に乗ると、、、、、会社帰りに飲んだ会社員の方々の

お酒の匂いで鼻がやられますよね。

 

 

わたしは潔癖症なので、本当にああいうたぐいのにおいは無理です。。。

 

 

本当に苦痛。。。。入った瞬間、

 

 

 

おええええええへへじぇじぇえうえべええいええじぇじぇじぇじぇじぇじぇっ!

 

 

 

 

ってなりますよね。でも我慢していると、だんだんその匂いも和らいできませんか?

 

 

いいにおいの場合もそうですよね。はじめは、

 

 

うわああああいいにおいいいいい♡

 

 

なっても、におい続けているとそのにおいを感じれなくなった経験、ありませんか?

 

 

おじいちゃんの家に行ったときとか、

 

あ~おじいちゃんのいい匂い!

 

 

なんて思っても、1日泊まれば何も思わないですよね。

これはすべて、

 

 

人間は変化にしか反応できないこと

 

 

を現した事例です。

同じものを感じていると、人間はわからなくなるんですよね。感じなくなるんです。

 

 

目は常に振動している

じーーーーーっと静止画を見つめてみてください。

 

 

見えていますよね?

じーーーーーーっとみてる、眼球を動かさずに見ているつもりでも、実はこの眼球、微妙に振動をしています。プルプルプルと。

 

 

これは、もしも眼球が固定されて、見ている風景も完全に止まってしまうと、見ているものに変化がなくなってしまい

 

「見る」という感覚を得られなくなってしまうからなんです

 

だから、どんなに目を動かさないでおこう!なんて思っても、それは不可能で、

もしもできたとしたら、見るという感覚がなくなってしまい、見えなくなってしまいます。

 

人間て面白いですよね!

 

 

 

「慣れ」の怖さを実感するとき

私が特に「慣れ」の怖さを実感するのはやはり怠惰な生活を送っているときや、緩い環境に身を置いているときです。

 

 

住めば都

 

 

 

とでもいうのでしょうか、厳しい環境に置かれないとなかなか何をするにも頑張れない自分がいて、緩い環境だとどんどんその環境順応してしまうんですよね。

 

 

だから、休学の1年間は刺激的な環境に身を置いてみようと思っています!

 

 

まとめ

まとめるほどのことを書いていないので、ないのですが、

夜勤行ってきます!!!

あ、ちなみに今日、月間1000pvを達成しました!

いまさっきの出来事です。いつも読んでくださっている方々には本当に感謝をしています。

 

 

皆様にいただく☆やコメントだけが生きがいというか、毎日のブログ運営のための活力となっています。

 

運営報告として次くらいの記事で1000pv達成について書こうと思うのですが、この場を借りてご報告させていただきます!

 

 

 

約半月での1000pv達成は想像以上の出来です。次は月間1万pvを目指そうかと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Remove all ads