大学対抗テニス王座→甲子園

at Kyoto -学生テニスヲタク-

学歴ロンダリングのための大学院進学は就活に有利ではない!

 

f:id:mkenpichi894:20160719094540j:plain

 

現在所属している大学よりもランクが高い大学院(修士)へ進学する

いわゆる「学歴ロンダリング(通称:学歴ロンダ)」について今回は書いていこうと思います。

 

学歴ロンダリングとは

上にも書いたように、学歴ロンダリングとは一般的に

 

現在所属している大学よりもランクが高い大学院(修士)に進学することを言います。

学歴ロンダリングをする人の中で最も多いのが、大学入試の際に旧帝大や医学部など、ハイレベルな大学を受けたものの、結果的に失敗してしまい、大学院入試でその大学に再チャレンジするという人たちだと思います。

 

具体的に言うと、私の周りでは

 

  • 大学入試で医学部を落ち、大学院で東大を目指す人。
  • 大学入試で京大を受けたが失敗し、大学院で京大を受けた人。
  • 大学入試で東大を受けたが失敗し、大学院でもう一度目指す人。

 

などが多くみられます。

 

しかし、注意しなくてはならないケースが、以下のケースです。

 

  • 「学びたい学問領域が、自大にはなかったために大学院では学びたいその学問領域を学べる大学に進学したい。」とい大学名に固執しているのではなく、ほんとうに学びたいことを深めるための大学院進学をする。

 

こんな人も確かにいますが、周りを見渡す限りでは、正直少ないです。

 

 

学歴ロンダリングのメリット・デメリット

これから書くメリットやデメリットは、学歴ロンダをしようと考えていた私が、

様々な先輩・教授やこれまでに教わった教師の方々に実際にお話を聞いて、結果1年間続けた勉強をやめて、自大への進学がベストだと判断した私の考えです。

 

 学歴ロンダを考えている人の判断材料になればよいかと思います。

 

学歴ロンダのメリット

メリットを挙げていきたいと思います。

 

  • 本当に専門的に学びたい内容があるのであれば自分の学問的好奇心を満たすことができる。

 

  • 今の環境よりも、優秀な学生(優秀であるかそうでないかの基準は人それぞれ)が多くいる環境で学生生活を送ることができる。結果、自分も成長する可能性がある(必ずしもそうとは限らない

 

  • 将来就きたい仕事に就きやすくなるかもしれない。(研究室によってはやはり優良企業とのコネがあることは多い)

 

  • 現在の大学が地方にあった場合に、東京や大阪、その付近の大学に進学することは、マスコミや出版社、広告関連業界への就職を考えているのであれば非常に有利になる。(やはり、地方と都会ではインターンシップなどの機会の多さや、就職活動の情報量にもかなりの差があるため、これは大きなメリットといえるかもしれない)

 

 

以上4点が、私が考えている・学んだメリットです。確かに、メリットを見てみるとかなり良いことのように見えますが、1年間考えてこのメリットについて気づいたことがたくさんあります。

 
気づき
  • 自大の環境で努力できていない、成長できていない理由を周囲の学生のレベルのせいにしている人間が、より高いレベルの環境に進んでも、成長できるとは限らない。

 

  • 学歴偏重が薄れてきてるこの社会で、学歴に固執している、学歴を基準に優劣を評価しているようでは社会で成功できない。

 

  • 学歴ロンダリングが目的だということは、現在所属している大学を良いようには思っていないということで、それはどういうことかというと、「自分の大学を認めていない・愛せていない」「現状に満足する、現状を受け入れてその現状の中で最大限の努力をすることができていない」こう言ったことを意味しているのではないだろうか。これはあくまで、私見であって、大学でも全力で学問に取り組み、またサークルや長期インターンシップも全力で取り組んだ結果、より成長の機会を求めて大学院で他大に進学するという人もいる。こういった人ともお話をさせていただいたが、本当に優秀な方で輝いていた。(はたしてあなたは現在の大学で輝けているだろうか

 

学歴ロンダのデメリット

学んだデメリットを挙げていきます。

  • 現在実家で、大学院進学の際に下宿をしなくてはならない場合には、新たな環境になれなくてはいけないという大きなハードルがある。炊事や洗濯などといった家事をこなす時間ももちろん毎日の生活で必要となってくるので、一番研究に費やさなくてはならない修士1年で研究に集中できるとは限らない。

 

  • 就職活動の前に大切になっている「インターンシップ内定直結が多くなってきた)」が修士1年の夏に行われるが、修士1年から学部時代とは全く異なった研究を行う場合が多いため、インターンエントリーシート(通称ES)に必要な研究内容記載欄(基本的に必須)に書く内容が薄くなってしまう

 

  • 全く新しい環境での学校生活になるため、1から人間関係を構築することやそこでの生活に慣れるまでにはなかなか落ち着いて研究することは難しい

 

  • 就職活動開始まで1年を切る修士1年では、先ほど述べたインターンシップや研究などをかなり頑張る必要があるが、集中できるかという保証はない。また研究室の教授が研究を最重要視する場合も多く、インターンなどを満足に行えない場合も多い。(こっそりとインターンに参加したり、アルバイトをしている人も多くいるが肩身は狭そうだった

 

以上のデメリットをみて、自分の大学院での姿を想像してみてほしいです。慌てふためいた生活を過ごしてしまう結果となっていないか。ゆえにインターンシップやアルバイト・研究がおろそかになってしまい、苦しんでいないか。私は満足にそれらが行えている、両立できている自分がどうしても想像することができなくて、自分の大学で頑張っていこうと決心しました。

 

まとめ

結局、優秀な人って

 

どこの場所に置かれても、その場所で咲く

 

ということだと思うんです。あなたは、今の大学で輝けていますか?成績が優秀で、日々研究に精を出せていますか?そうでないのならば、大学院でロンダしても大学院で成功するとは限りません。

 

学歴ロンダをして成功する人は今の環境で花を咲かせている人だと思います。

就職活動で有利になるのはそういう人が学歴ロンダをした場合で、中身がないのに学歴が変わっているだけの人は就職活動で有利になることは少ないのかなと思いました。

 

大学院での2年間は一瞬なので、しっかりとした計画をもって大切にしなくてはいけないと思います。