Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

大学対抗テニス王座→甲子園

at Kyoto -学生テニスヲタク-

ぼくは明日、昨日のきみとデートする 【漫画感想】

 

 

このマンガがすごい! Comics ぼくは明日、昨日のきみとデートする 1 (このマンガがすごい!comics)

 

僕は明日、昨日のきみとデートする

どこかでふと目にしたことがあって(どこかは忘れた)

偶然アルバイト先の本棚に並んでいるのを見つけたので

手に取って、バイト中に読んでみた感想を綴っていこうと思います。

 

作品紹介

漫画に、「このマンガがすごい!」という帯がついていたので、

そのサイトを調べてみました。

宝島社という出版社のおすすめの漫画を紹介しているホームページのようです。

 

もちろん、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」も掲載されていました。

 

ニュース

映画化も決定した、累計100万部をこえる大人気小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が「このマンガがすごい!WEB」でコミック連載開始!!

とあり、小説としてはかなりの人気を博していたそうです。

漫画を読んでみると分かりますが、少女漫画のように女性のみをターゲットとしたものではなく、男子でも楽しめる内容となっています。この売り上げもうなづけます。

 

 

ストーリー

京都の美大に通う高寿が電車のなかで一目惚れした。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけたのだが、彼女には高寿には想像もできないような大きな秘密が隠されていてーー。
「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」
奇跡の運命で結ばれた2人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

読書メーター「恋愛小説のおすすめランキング」第1位、「みんなで選ぶ第三回京都本大賞」を受賞。口コミで「絶対泣ける!」「しかも2度泣ける!」と評判の作品。100万部を突破した超大人気作品が待望のコミック化。

しかもマンガを手がけるのは、「BE・LOVE」(講談社)にて連載していた『すくってごらん』が『このマンガがすごい!』2015年オンナ編14位を獲得した大谷紀子先生!
超豪華なタッグが紡ぎだす奇跡の恋愛ストーリーをお楽しみください!

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする  |  このマンガがすごい!WEB より)

 

1巻しか読んでいませんが、漫画内で描かれるストーリーはかなり臨場感があります。

というのも、京都市民なら10ページでも読むと気づくと思いますが、この漫画の舞台が京都市なんですよね!

 

風景や電車・改札・街並み・駅・主人公がデートする場所なんかもすべて京都を忠実に再現した絵を用いているので、京都に親しみがある人なら自分がデートしている姿を照らし合わせて読み進められると思います!恥ずかしいですが、自分がデートしている姿を主人公の姿を照らし合わせてしまっていました。笑 

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のココが面白い

奇跡の出会い

偶然電車で見かけた、清楚でかわいい女の子。そんな経験は誰でもありますよね。

そんな女の子と、付き合えたら....なんて思ってしまうのが、男というもの。僕も何度かあります。

 

主人公はある日の通学途中で清楚でかわいい女の子を目にします。そして「同じ電車で降りたら声をかける」と心に決めます。そして、結果的に声をかけるのです。ここから先、二人の関係はどうなったのかは、漫画を読んでみることをおススメします!

 

この物語の始まりの設定をみても、「リアリティー・臨場感」が感じられます。

素直に、ドキドキが胸胸します。

 
デートの誘い

誰しも、好きな人をデートに誘いだすことは勇気がいる反面、ドキドキします。男の場合、親しい友達と、ノリで好きな女の子にLINEや電話をしよーぜ!って夜は楽しいものです!

 

同じようなシーンが出てきます。本当にドキドキワクワク、キューーーンとします。

詳細は漫画にて味わってください!

 

初デート

誰でも初デートというのは緊張しますがワクワクします。待ち合わせで、彼女が「楽しみで早く着いちゃった」なんて言って来たらどうします?もう、キュン死ですよ。

映画館のシーンでも、京都河原町にある「Movix?」がモチーフとなっていて、その前にある「金から」という唐揚げ屋さんも出てきます。

 

ああ、こんなデートがしたいなあと思うシーンばかりでした。

 

おわりに

ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を紹介した。小説売り上げ100万部という見出しに負けず劣らぬ面白さ、キュンキュン度合いの久々に面白いマンガでした。

彼女がいない人・恋愛したくてたまらない人にはおすすめの一冊です。

読み終えた次の日の朝、あのかわいい女の子と恋に落ちるかも...!?

 

 

 

 

 

 

 

 

Remove all ads