大学対抗テニス王座→甲子園

at Kyoto -学生テニスヲタク-

勉強のやる気を出す方法

「やる気が出ないから勉強したくないんですyo!」

これは塾講師をしていた時に生徒から頻繁に耳にした言葉。

 

「眠いからもうちょっと…(スヤスヤ)」

これは世界中で何万、何百万人が毎日発する心の言葉。

 

あまりパッと思い浮かぶ事例がなかったので

今回は2つしか例をあげられなかったけれど、

 

精神的にどう思っているから

身体的な活動に移せない

 

っていう事例はとても多いと思う。

 

これはなぜかというと

 

精神的にこう思っている

 

ことを

やりたくない、自分が今その時点ではしたいと思っていない身体活動をしないための言い訳

にするからだ。

 

僕も今まではそんなことが多かった。

 

誰もが知る

 

ロングスリーパー

 

寝ても寝ても、寝ても寝ても、寝ても寝ても寝ても寝ても寝ても、

 

眠い

 

 

そう、ひたすらにただひたすらに眠い。

 

 

だからどうするのか?

 

 

寝るんです。

でもこれ、あまり身体的には良くなくて

寝過ぎるのは憂鬱な精神状態に陥ってしまうし、日中の脳活動もスッキリしない。だから結構な悩みでした。

 

 

そこで、「眠い(精神活動)」から「寝る(身体活動)」のではなくて、目覚めるために、「ストレッチ・筋トレ(身体活動)」をして、「目覚める(精神活動)」ような習慣に変えようということでした。

 

 

この習慣を身につけてから、自分の精神状態を身体活動を行うことでコントロールできるようになってきた。

 

 

 

勉強のやる気が出ない人、なかなか仕事が手につかない人、たっくさんいると思います。

 

そんな時はまずは何も考えず

 

 

机に座り、勉強したり仕事をする

 

 

これをオススメします。

行動することで精神的にやる気が出てきます。

この習慣をつけておけば、行動することで精神状態をコントロールできるんですよね。

 

 

 

精神的に不安定な人はぜひ試して欲しいです。

 

 

 

そんな自分は今、大学院入試の結果で精神状態はポロポロですが!笑

 

帰って映画でも見るか!

人生山あり谷あり。

 

 

 

Remove all ads