エリートのお暇 〜高学歴は、一旦休め〜

高学歴卒→一流企業に勤務するも、連日の飲み会と激務で身体を壊し休職→大復活を遂げたエリート2人が運営する休職支援ブログ。 心をすり減らし、消耗したエリートが羽を休められるコミュニティ『エリートのお暇』を運営中

転職活動で選考中企業に休職は伝えるべき? 落とされない休職理由は?

f:id:mkenpichi894:20191223224445j:plain

 

「休職中だけど、転職活動で面接前に伝えるべきかな...」

 

「休職がバレると選考で落とされるのかな」

 

「転職で不利にならない、うまい休職理由ってあるのかな...」

 

休職中のあなたは今、こんな悩みを抱えていませんか。

 

本記事ではこれらのお悩みを解決します。


こんにちは、元金融ビシミツです。


私は大手金融機関を休職し、 転職活動を行った末に大手IT企業へ転職を果たしました。
現在はやりがいを感じ、上司に恵まれ、日曜夜の憂鬱なんて前々前世であったかのような日々を過ごしています。


そんな私も、休職中はこんな悩み、抱えていました。


「休職中であること、どのタイミングで話そう」


「何次面接で選考企業に伝えればいいんだろ」


「内定しちゃったけど、 休職していることを伝えたら内定取り消しになるのかな...」


このあたりについては、 ネットで様々な情報が転がっていますよね。


私も休職中に不安で不安で仕方なくて、 毎日ネットサーフィンをしてGoogle先生に必死で質問していました。


でも結局、どこも書いてあることは形式上のもので、実際に休職をした人の実体験に基づいた情報って全くないんです。

 

結局、元メーカービシミツ(共同運営者) と就活の時と同様に手探りで転職活動を行っていたのですが、無知すぎて本当に苦しかったのを今でも覚えています。


なので、今回の記事では僕の”休職中の転職活動” の実体験に基づいて『休職中での上手な転職活動のやり方』について解説していきたいと思います。


今、 休職をされている方の不安や苦労が少しでも和らげば幸いです。

 

この記事を読むメリット


・休職は転職活動中、選考中の企業に伝えるべきかが分かる

 

・休職を選考企業に伝えるタイミングが分かる

 

・うまい (落とされにくい) 休職理由を知ることができる

 

・内定後、休職を打ち明けた場合内定を取り消されるのかが分かる

 

休職中、選考中の企業に休職の事実は伝えるべきか


さて、前置きが長くなりましたが、「 転職活動で選考中企業に休職は伝えるべき? 」について。


結論から申し上げると、


適切なタイミングで正直に伝え、 それで落とすような企業には行く必要はない

 

です。

 

 

適切なタイミングとは

私は休職中に転職活動を行い、最終的に大手企業を含めた3社から内定を頂きました。

そんな私が”休職中の人間です”と企業側に伝えたタイミングは、

 

最終面接の終盤

 

です。

なぜなら、最高権限者に

 

”休職しているが、うちの会社で復帰すれば使える、会社に貢献してくれる人材だ”

 

と思わせるのが手っ取り早く、落とされるリスクが低いからです。

転職活動の基本的な選考フローは以下です。

 

  1. 書類選考
  2. SPI/Webテスト
  3. 1次面接(課長or部長クラス)
  4. 2次面接(人事担当者)
  5. 3次面接(役員クラス)
  6. 最終面接(執行役員or社長)

書類選考については、他の記事で詳細に綴りますが、休職である事実は書かなくても大丈夫なのでパスできます。

 

1〜3次の面接担当者は、面接後に上の責任者に対して選考通過に値する候補者であったというエビデンスを提示しなくてはいけない中で、もしも休職であることを伝えてしまうと、どんなに肌感がよく実績があって職歴も抜群であっても、なかなか推薦をしにくい。

 

さらに上長の視点で言うと、

 

書面(高評価)

前段階の面接担当者からのフィードバック(高評価)

休職(最低評価or懸念要素)

 

という選考素材を与えられると、どうしても

 

「う〜〜〜〜〜ん。。。良い人材だが休職がねえ。。。」

 

となる。それなら、休職の事実は伝えずに最終面接まで通過し、最高権限者を唸らせるパフォーマンスを発揮することで、

 

「休職はしているが、復帰すればうちに貢献してくれそうだ」

 

と思わせるのがベターだと考えていました。社長を納得させれば誰も文句なんて言いません。休職の理由はしっかりと練っていく必要がありますが。

 

実際、私も選考中は休職の事実は伝えず最終面接まで通過した上で、

 

「実は、私は休職しています。理由は〜です。」

 

と申し伝えました。しかし、落とされませんでした。

これは事前に休職理由と今後のキャリアビジョン、そして志望動機を熟考し、用意していたからです。


落とされにくい休職理由

私の場合、下記2つを理由にしていました。

  • 母方の両親、そして叔父の認知症介護
  • 現職は内勤のため転職活動をする時間がない

 

つまり、自分自身がうつ病となったことは伝えていません

 

バレようがないからです。

 

自分のなりたい姿、キャリアパスをしっかり明示し、そのための転職活動時間の確保と家族のサポート時間の確保という2つの理由で説明をしていました。

 

もちろんこれは本当の話であり、嘘はついていません。実際はうつ病も3つ目の理由にはありますが、2つの理由のみ説明している、というだけです。

 

落ちにくい理由としては、結局以下にまとまると思います。

 

  • 介護:親、祖父母の介護
  • 転職活動時間がない:勤務環境が内勤の方向け

 

しかし、休職する方は真面目で正直な方が多い傾向にあると思うので、嘘がつけない方もいらっしゃるのが事実だと思います。

 

その時は、正直に伝えるのが良いと思います。

 

”休職という事実はありますが、必ず貴社に貢献します”

 

この意志を強く意思表示することが大切だと思います。それで落とされたなら、そんな企業、いく価値ないと考えて良いでしょう。

 

背景を知らずに”休職”の2文字で落とす会社、行かなくてもいいです。

 

次に進みましょう!

 

辛ければ、僕たちのコミュニティに参加してください!仲間があったかく受け入れますから。


内定後、休職中の事実を伝えたら内定は取り消されるか

内定後にエージェントを通じて休職の事実を伝えた企業も数社あります。

 

結果から言うと、1社も落とされませんでした。

 

内定できる人材を”休職”で落とすなんて、滅多にないですよ。

安心してください。エージェント経由で伝えれば、エージェントがなんとか頑張ってくれます。心を強く持ちましょう。

 

落とされたら、その程度の会社ということです。見る目がない。

 

休職している人は優しく、真面目で勤勉な優秀な方が多いので、適した環境であれば絶対に花開く人材だと思うんです。それを理解していない会社は廃れていくでしょう。


まとめ

  • 休職の事実は伝えるべきか?

   タイミングによるが、正直に伝えて落とされた場合、

   そんな企業にはいく価値がない。行けたとしても、良いことはない。

  • 落ちにくい休職理由

   介護系、転職活動時間がない系 など

  • 休職の事実を伝えるベストタイミング

   最終面接

  • 内定後、休職を伝えると内定取り消しになるか?

  ならない。なったとしたら、上記ど同様、いく価値がない会社。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

少しでも僕たちの活動に共感してくださったからは、読者登録、Twitterのフォローをしてくれると嬉しいです。僕たちは極めて単純な人間なのでいいねやフォローが増えると、継続の励みになります。みなさんと一緒に日本の優秀な若者が生きやすい世の中を作っていきたいです。

会社に殺される若者が生まれる社会であってはならないと、本気で考えています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

月残業5時間の超ホワイト企業社員が半年間休職した話

f:id:mkenpichi894:20191216095241j:plain

みなさん、こんにちは。

 

元大手メーカー勤めのビシミツです。このたび、元金融ビシミツとともに休職者応援ブログを開設しました。簡単に自己紹介をします。

 

元金融ビシミツの紹介と同じく3つのキーワードでお話しますね。

 

 

  1. 業界大手のホワイトメーカーに入社
  2. 飲み会のストレスで適応障害
  3. 半年の休職を経てエンジニアへ転身

 

業界大手のホワイトメーカーに入社

自分で言うのもあれですが、世間で言うところの高学歴な大学を卒業しました。といいつつ、マウントを取りたいわけではなくて、ただレールの上でお利口さんにしてきただけの男に過ぎません。

 

周りの評価を気にして、就職人気ランキングで上位の企業に晴れて入社し、社会人生活をスタートさせました。

 

営業職として2年ほど勤めましたが月あたりの残業時間はたったの5時間!!毎日17時過ぎに会社を出て最高に楽しいアフターファイブを過ごしました。入った当初は、「残業少なくて給料もそこそこ高い。40手前で確実に年収1000万もらえるし、人生勝ったな」と本気で思ってましたね。

 

飲み会のストレスで適応障害

とはいうものの、いつまでもおいしい話ばかりではありませんでした。会社に慣れてきた2年目ごろに鬼の飲み会&接待ラッシュが入るようになったんです。

 

元弊社は生粋の飲み会大好き企業。誰かが転勤するたびに、部署に異動してくるたびに手を替え品を替え何度も飲み会が開催されました。もはや飲み会がしたくて名目を後付けするレベル。

 

飲み会好きな会社ということもあり、幹事の負担も計り知れないものでした。

  • 事前の下見は絶対。
  • 3次会まで強制参加
  • 終電を逃してもお偉いさんを最寄の駅まで見送り。
  • 飲み会中は終始料理の取り分けとお酌周り。

 これらの全てをこなしても会費を9000円とられ、飲み会後に説教タイム。これが週3デフォで入るんです。

 

器用に立ち回るのが大の苦手だった僕は、幹事の負担の大きさに底知れないストレスを感じるようになりました。そんな生活が3ヶ月ほど続き、とうとう身体に異変が。。。

 

『飲み会の日の朝に涙が止まらない』

ある日いつものように起きると何故か涙が止まらない。ご飯を食べても味がしない。

という事件が発生。

 

そう、飲み会がトラウマになり身体が拒絶反応を起こしたんです。

 

すぐに心療内科へ駆け込みました。診断結果は適応障害

飲み会の幹事へのプレッシャーから、僕は心の病にかかっていたんです。

 

次の日、上長にことの全てを告げ、会社を物理的に逃げ出し、休職へ突入しました。

 

半年の休職後にエンジニアへ転身し人生逆転!

 

 最初の1ヶ月こそ病んでたものの、その後は驚異のスピードで回復しました。ストレス源が【飲み会の幹事】だったので、そこから離れるだけで良かったんですね。

 

回復後は無双状態。豊富な時間リソースを使って、かねてからやりたかったプログラミングの勉強を開始しました。

 

お勉強だけは大得意だったので、あれよあれよと腕が上達し、3ヶ月ほどで上場企業のエンジニアへ転身することができました。

 

現在は、私服勤務・10時出社・飲み会なしという最高のエンジニアライフを満喫しています。

 

朝泣いてばかりいたポンコツ幹事は、スキップ出社するぐらい仕事が大好きなスーパーエンジニア(自分で言うか?)に転身を遂げたのです。

 

エリートのお暇ブログにかける思い

このような経験を通過した僕が本ブログにかける思いはただ一つ。

 

エリートこそゆっくり休んで自分の人生を生きてほしい。

 

偉そうにエリートという言葉を使いましたが、日本のエリートは想像以上にハードな人生を過ごしています。常に競争社会にさらされ、少しでも気を抜くとあっという間に周りから差をつけられる。どこまで登っても陥落を恐れ、ゆっくり休む暇がない。

 

「じゃあ、そんな道辞めればいいじゃん。」と思うかもしれませんが、そんなに簡単じゃないんです。人間は一度大きなものを手に入れると失うのがめちゃくちゃ怖い。

 

電通の高橋まつりさんや三菱電機の新入社員のようなエリート達が次々に命を経ってしまう理由もよく分かります。


やればできるのだから無理をしてもやろうとしてしまう。
仕事に対する責任感がありすぎる。
上司の言うことを真っ向から受けてしまうくらい心が素直。
レールを外れたことがないゆえに、投げ出すという選択肢を持ち合わせていない


そんな、よく生かされればものすごくいい部分が、上司や会社の古い慣習にやり潰されてしまったのかもしれません。

 

それぐらいエリートにとって、道を外れることは恐怖であり不安であり屈辱なことなんです。

 

じゃあ、そんな満身創痍のエリートを救うにはどうしたらいいのか?

たどり着いた答えが、【休職コミュニティの結成】でした。

 

「エリートのお暇」に足を運ぶと、超一流企業のエリートがたくさん休んでる。

「え??お前も休んでるの??」

「俺なんて1年半休職したけど何事もなく復帰したぜ。」

「そっか、凄いやつらも疲れてるんだな。俺も少し休んでみるか」

 

そんな会話が繰り広げられるコミュニティがあるだけで、日本のおりこうエリートが自殺することもなくなるんじゃないかと。

 

休職という最強のバッファーで人生を大逆転させた僕だからこそ救える人が必ずいるはず!

 

ただそれだけを信じて、エリートが羽を休められるコミュニティづくりに日々励んでいます。すべての若者が気軽に休める生きやすい社会を作ることが僕たちの夢です!

 

可能な限り時間を作って有益な記事を投稿していきますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------

少しでも僕たちの活動に共感してくださったからは、読者登録、Twitterのフォローをしてくれると嬉しいです。僕たちは極めて単純な人間なのでいいねやフォローが増えると、継続の励みになります。みなさんと一緒に日本の優秀な若者が生きやすい世の中を作っていきます!

 --------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

エリートのお暇、始めました 〜休職を経験した僕たちの、夢〜

 f:id:mkenpichi894:20191214123655j:plain

 

みなさん、こんにちは。

 

元大手金融勤務ビシミツです。このたび、休職者応援ブログを開設しました。

 

開設にあたりこのブログにかける思い、運営者のプロフィールを紹介させて頂きます。

 

ビシミツのプロフィール

このブログは2人のビシミツ(元大手メーカー&元大手金融)により運営されています。

 

元メーカービシミツと元金融ビシミツの出会い

僕たちの出会いは大学3年生の夏。

 

大阪のグランフロントで催されていた、とある世界的大手メーカーのインターンシップで知り合い、帰りの男子トイレで小便をしながら本音で語り合うこと20秒で意気投合。

その日の夜は喫茶店でお互いの人生観やプライベートなどを数年来の友人かのように語らい合いました。

 

これが僕たちの出会い、このブログの原点です。

 

ビシミツ達の就活から休職まで、そして現在地

就活活動を乗り越えるべく、日々電話で進捗報告&就活必勝法を語らい合う日々を過ごし、2人も晴れて人気企業ランキング上位の大手企業に就職を果たしました。

 

 

しかし、大手金融機関に勤めたビシミツがメンタルを病むレベルの激務に直面しうつ病を発症し、メーカービシミツを東京駅のカフェに呼び出しました。

 

そこで数時間の会議の末、元金融ビシミツは休職を決意。転職活動と人生を見つめ直す5ヶ月を過ごしました。

 

その1週間後、メーカービシミツからとある電話が...

 

「元金融ビシミツ、休職方法教えてくれ」

 

これまでに聞いたことのない弱々しい声でした。すぐに事情を聞き、休職を勧めて無事メーカービシミツも休職を果たします。

 

就職活動の時と同様、2人で日々の進捗や転職活動の必勝法、今後のキャリア設計...などあらゆる内容を議論し約半年後、共に転職活動を終え、社会復帰を果たし今は素晴らしく充実した日々を過ごしています。

 

金融ビシミツの自己紹介

遅れましたが、金融ビシミツの自己紹介をさせて頂きます。

 

長々と自己紹介をするのも飽きると思うので3つのキーワードに絞って僕の自己紹介をします。

 

”高学歴”を歩み、人気の大企業へ就職

世間で言うところの高学歴な私立大学を卒業しました。けど、マウントを取りたいわけではないです。

 

履歴書の学歴・職歴欄を見ると、日本で有数の高校出身、有名私立大学の名前が綴られていますが、浪人をして第一志望の国公立大学を落ちていますし、大学でも院進学をするか悩み、結局ストレートで就職をせずに半期留年、半期休学と言う選択肢をとり、2年遅れて社会人になっています。親にはたくさん迷惑をかけました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

激務で人生のどん底

僕が入社した企業は日系企業で最高レベルの年収、ブランド、人気を誇る大手金融機関。

 

入社後研修は楽しく、同期にも恵まれ、配属は出世コースと言われている東京、と順風満帆な社会人生活の船出となりましたが、配属後に待っていたのは地獄のような日々でした。

 

・朝4時半に起床し6時出社

・昼休みはなし

・同時並行で幹事を5つ主催

・平均の4倍以上の業務量

・メンターには「質問は受け付けない」と言われ、質問のできない状況

・1つのミスで5時間の説教

 

などハードな日々で心を消耗していきました。診断書をもらう直前は朝起きたらトイレへ直行して吐き、電車に乗ると足が震え出しました。勤務地の最寄駅に着いた頃には動悸が止まらず、会社ビルの周辺をうろつき回りタバコを8本吸ってから出社。

 

長期休暇は、休暇明けの出社日に必ず3時間のお説教タイムが待っているので、落ち着いて休むことができず不安で埋め尽くされ、夢に上司が出てきました。もはや休日の方が地獄。

 

最終フェーズになると、クライアントからの電話に出ても日本語を上手く話せなくなりました。

 

「お電話ありがとうございます」

 

が上手く言えない。

 

「おでぬわあいあとうございます」

 

みたいに。ここまでくると、笑ってしまいました。僕は何人なんだと。何語ができるんだと。こんな地獄の日々を過ごしていました。

 

休職を決心し、人生が一変

激務に耐えること1年半、毎日同期や親しい友人に深夜まで電話をして愚痴をこぼしていました。本当に辛かった。

 

そんなある日、親友に言われた一言で目が覚めました。

 

「金融ビシミツ、そんな愚痴ばっかり言うてたら友達減るで」

 

この日、休職を決心しました。愚痴ばかりこぼしている人間と関わりたい人なんていない。そんな人間が周囲を幸せにできるはずがない、迷惑だと気付かされたんです。

 

そこから休職に入り、約5ヶ月間メーカービシミツと沢山語り合い、社会復帰を果たしました。

 

今では日曜日の夜に吐くことや涙が出ること、親友に愚痴を話すこと、休めない休日を過ごすことは全くないです。自分を大切にすることで、大切な周囲の人も大切にできている実感があります。

 

僕たちの夢と今後の目標

『休職をすることで、命を断つ優秀な人材を0にする』

 

これが僕たちの夢です。

 

近年、大企業勤務のエリートが自殺をするというニュースを見る機会が増えてきました。

 

実際僕も、

 

「人生手なんだろう」

「このまま線路に飛び降りて、死にたい。」

「早く死にたいな」

 

と考える毎日を過ごしていました。

 

しかし、休職という選択をとり、互いに支え合うことで社会復帰を果たし、今ではやりがいを持って働く日常を過ごせています。本当に幸せです。人生が変わった。

 

そんな僕たちは、プライドが邪魔をし、挫折に慣れていないエリートが本音で弱みをさらけ出し、休職という世間でいう”恥ずかしい選択”を歩むために必要なものは何かを考え抜きました。

 

その結果、導き出した答えは

 

『心を消耗したエリートだけの休職コミュニティを作る』

 

でした。

 

他のエリートが羽を休める(=休職する)のを確認でき、世間に出回っていない休職に関する情報を互いに共有する”あったかい場所”があれば、休職に対する心理的ハードルが下がると考えています。

 

僕たちはこのブログで、実体験に基づいた休職に関する情報を発信していきます。

例えば、

 

・休職の方法

・休職中の過ごし方

・休職中の転職活動

・退職交渉の方法

 

などです。

 

 

休職コミュニティ『エリートのお暇』について

休職希望、休職経験済み、心を消耗してしまっているエリートの方々は、

僕たちが運営する『エリートのお暇』(スラック)への参加をお願いします。羽を休めるために、あったかい場所を作っています。

 

参加希望の方はツイッターのDMを頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。